www.idleages.com

自動車重量税、略して重量税という税金は国内メーカーの自動車もしくはイタリア車というような車の国や電気自動車、セダンというような車のタイプに関係なく例えば、スズキやクライスラー、などにも変わりなく負担が必須な税金なんです。新車登録の際、または車検の際に支払わなければいけない税です。この支払金額はそれぞれの車の重さによって決まっています。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全く違う概念ですからしっかり理解して一緒にしないようにしなければなりません。「自動車重量税は自動車の車重毎に」「自動車税はクルマの総排気量で」その額が異なります。また買い取りの時の扱いも異なってきますし注意が必要です。クルマを手放すときには既に支払った車の税金がどれだけ残っていたとしても、その税額が戻ってくるということはないのです。一方で、自動車税の場合は支払った額を買取額に乗っけてくれる事例がありますが重量税の場合は上乗せしてくれるといった場合はあまりないのが現状です。重量税というのは、車を手放すときに納めてある税額が残っているからと言って車の買取専門業者にてそれが材料になるケースはほとんどないです。なので次回の支払い、要は車検に出すまで処分を待ち買い取ってもらうという手段が無駄がないでしょう。自動車売却の時は戻ってこないのが重量税ですがあるケースでしたら返ってくることもあるのです。これにあたるのは車検期間が残存している車を廃車にしてしまうケースです。要するに、廃車登録をした場合、残存期間に応じた額が返ってきます。ただ売却の時はその車が廃車になるわけではないので返金されません。それから、売却する自動車の名義の変更をした時や、盗難被害に遭った場合も還付してもらうことはできません。自動車重量税が残っている期間がある車を売却することは要は車検の効力が残っている中古車ということと同じです。それを買取側も忖度しますから自動車重量税の残存期間があればそこそこ買取金額はあがるでしょう。もちろん、買取額は店舗次第で異なりますが、車検期間が残っていることを考慮していただければ、クルマの買取額と比較するとあまり割に合わないということもありません。

Link

Copyright © 1996 www.idleages.com All Rights Reserved.