www.idleages.com

民事再生という選択は住宅ローンなどを含む複数の債務に苦しむ個人を対象としてマイホームを維持しながら金銭的にやり直すための債務整理の道として平成12年11月に適用されるようになった手段です。民事再生という制度には、破産みたいに免責不許可となる要件がありませんので賭博などで借金したようなときでも民事再生手続きは取れますし破産申告により業務が行えなくなるような免許で仕事をしているような人でも制度の活用が可能になります。破産宣告では住んでいるマンションを対象外にすることは考えられませんし特定調停等では、元金そのものは返していく必要がありますのでマンション等のローンを含め支払い続けるのは現実として難しいと思われます。民事再生による処理を採用することができれば、マンション等のローンを除いた借金はかなりの金額を削減することもできますので、余裕がある状態で住宅ローンを支払いつつ残りのローンを支払い続けるようなことができるといえます。いっぽうで、民事再生による整理は任意整理による手続きや特定調停といった方法とは異なってある部分のみの借金だけを除外扱いして処理することは考えられませんし破産手続きに適用されるように返済義務がなくなるわけではありません。また、他の解決策と比較して手続きの方法がこみいっていて負担もかかりますので住宅ローン等があってマンションを維持する必要があるような状況を除き、破産など他の整理ができない際における処理と考えるのがいいと思います。

Link

Copyright © 1996 www.idleages.com All Rights Reserved.