www.idleages.com

普通、カードの上限金額があなたがいつも決済する以上よりゆるく決めいていると余裕があると誤解し、むやみにで決済してしまったりするものですね。こうしたクレカ乱用を軽減するためクレジットカードの限度額を安全のため少なめに設定しておこう・・・という意見が以下の本文のメインとなります。月ごとの限度額を引き下げる手順使用カードの月ごとの限度額を減らしておく方法は限度額を引き上げる手順と同様、すごく便利です。カードのバックにあるサポート番号に電話をし「利用限度額の引き下げをしていただけませんか」と希望を担当者にはお願いするだけです。普通は今の利用限度額に対して少ない上限であれば、時間のかかる調査なしでそのまま限度額の引き下げが可能となります。月の限度額を増やさないなら危険を避けることとも繋がるクレジットカードの月の限度額を減らしておくことは自己統制等の効果は言うまでもなく防犯対策にも影響します。万が一、ユーザーのクレジットカードが悪意のある人物に乱用されてしまった場合でも事前にクレカの月の限度額を低めに申請しているなら被害を最小限にするように可能だからです。ここで言っておきたいのはもしカードが悪用されてしまったとしても保有者に重大な違反がない場合は、盗難保険等で呼ばれるものが使用者をフォローしてくれるし不安になることはないんですが1%の可能性のために、多めのカード上限額は低くしておくと効果があるでしょう。不要な分の金額は百害あって一利なし・・・にすぎません。

Link

Copyright © 1996 www.idleages.com All Rights Reserved.