相当弱腰の手段だと考える投資家もいるでしょう

普通の初めての方向けの外為取引の情報では「損が生まれたケースではナンピンによって、ポジションの平均を価格を低くする事が出来る」等アドバイスしていますがそれはかなり大きなリスクが潜んでいます。

最初に、ナンピン買いのロジックに関してごく簡単に説明します。

一例として100円で1ドルを買ったとします。

ドル買いですのでドル高になればなるほど儲けが出ますが運悪く1ドルが95円まで円高・ドル安が進んだとします。

その場合ポジションを持ち続けたら損失が回復するまでには、5円分、円安が進まなければなりません。

損失は出来るだけ早く取り戻したい思います。

この状況を乗り切るためはじめに注文したのと同額分の$を1ドル=95円で買います。

これで、平均のコストは97円50銭まで引き下げることができます。

その結果、半分の幅で円安ドル高に推移すれば損を回復できる。

それが、ナンピンの仕組みです。

このとおり、ナンピンのやり方を聞くと、「納得だ」と考えたりするが相場はそう簡単には思うようにはいきません。

だいたい、1ドル=95円より下がらないとは誰にも分かるはずがありません。

為替がかなりの円高ドル安トレンドであれば、1ドル=95円では下げ止まることなく更に一段の円高ドル安にいくリスクがあります。

仮定として、97.50円でナンピンをして、1ドル95円まで円高が速んだらナンピン買いを入れた分についても赤字が生まれることになってしまいます。

この状況では、初めに保有したポジションとあわせて2倍の差損が生まれます。

例示したとおり、ナンピンは大変です。

それならば、相場が己の物語とは反対の方向に素早く行ってしまった場合どの対策でリスクを軽減すればいいのでしょうか。

こういう場合には取れる選択肢は2つだけあります。

最初のひとつは潔くあきらめて、損切りをすること。

もうひとつはその時に、自分が保持している買いポジションを減らす事で、もう一度相場がリカバリするのを待つことだけです。

相当弱腰の手段だと考える投資家もいるでしょう。

けれども、ポジションに損が生じた時、最も有効な対策はこの2つ以外には考えられません。

なるほど、理論としてはナンピンという考え方もあると思います。

だがしかしナンピン買いはあなたが損失を出している場面で、買いポジションを小さくするどころか逆に買いポジションを重ねていく手法です。

これでは、危機を避けることなど、どこをどうやっても無理だ察するべきです。

ナンピン買いをし続ければその内利益を上げられるかもしれません。

しかし、それより先にお金は足りなくなってしまいます。

Link

Copyright © 1996 www.idleages.com All Rights Reserved.